ネットワークカメラ比較

ネットワークカメラの比較と選び方のポイント

"近年より需要が高まっている「ネットワークカメラ」ですが、上手な活用方法をご紹介します。
スマホと併用する事で、24時間被写体をチェック出来るように思われているネットワークカメラですが、
赤ちゃんの見守り、遠くに暮らす高齢の両親の見守り、お留守番ペットの見守りなど、
その用途は非常に幅広いですし、お値段もしだいにお手頃になってきていますので、
多くの家庭でネットワークカメラ数年前と比較してかなり多くのシーンで活用機会が増えているようです。
ネットワークカメラの設置は、手間いらずで、電源・Wi-Fiに接続するけで完了します。
録画用のケーブルなどの機器を本体とは別で設置することだって無いのです。
自宅の別の部屋でも、外出先であってもすぐに映像を視聴できます。
防犯対策に使用したい場合は、クラウド保存対応のネットワークカメラがおすすめです。
たとえば犯罪者にカメラを破壊されても、録画したデータがクラウド上に保存されているので、証拠として活用できます。
お子さんやペットに出先からも話しかけてやりたいというなら、マイクやスピーカー搭載のネットワークカメラを選びましょう。
長時間のお留守番が苦手なペット、急な外出で子供がお留守番することになったとき、
実家で暮らしている高齢の両親の様子を見守るといった使い方もでき、
ネットワークカメラがあれば家族みんなが安心して笑顔で暮らすことが出来るのです。大変魅力的な製品です。
ネットワークカメラ選びのポイントとして、画素数、フレームレートや視野角、可動域などは重要なポイントですが、動体検知機能の有無もとても重要です。
高画質の画質は、画素数が高画質なほど細やかな描写が可能になります。
動きの速い物を撮影するには、フレームレートが高い機種の方が良く、
フレームレートが高い機種なら、車のナンバープレートもばっちり捉えて犯人逮捕に繋がることも多くなるのです。
固定式のネットワークカメラもありますが、スマホで遠隔操作も出来る可動式を選ぶ方が多いです。カメラの向きを自由に変えられるのです。
スマホからの遠隔操作で広い範囲を撮影したい場合は、パン(横振り機能)やチルト(縦振り機能)に対応したネットワークカメラがおすすめです。
また、動きを検知すると勝手に録画モードになる「動体検知希望」が非常に優秀な機能です。
ペットの動きを察知したり、睡眠中の赤ちゃんが起きた事を察知したり出来るので、見守りで使えます。
動体検知性能のあるネットワークカメラのなかには、
動きを感知したらスマホにアラートを送るようにすれば、赤ちゃんが寝ている間は自分も眠ったり家事をしたりと自由に時間が使えるのです。
夜間の見守りだって大丈夫、赤外線ライト搭載のネットワークカメラも多くなりました。
深夜の防犯対策や照明を落とした部屋のペットや赤ちゃんのみまもりカメラとしても活用可能です。
お値段は、3000円ほどから購入することが可能です。無線LANさえあればいつでもどこでも導入可能なので、
深夜や留守中の防犯対策・自動車や玄関での嫌がらせの特定・ストーカー対策・赤ちゃんやペットの見守りなど、
日常のなかで、ネットワークカメラの出番はたくさんあります。
安心な国内メーカーのパナソニックを始め、サンワサプライ、I-O DATAなど、他にも様々なメーカーがネットワークカメラを販売しているので、利用シーンに合わせて探してみてください。"

ネットワークカメラ比較は以下のワードでも検索されてます

ネットワークカメラ 有線 設定 ネットワークカメラ 4g ネットワークカメラ lan内のみ ネットワークカメラ 別荘 ネットワークカメラ ワイド ネットワークカメラ 共有 ネットワークカメラ 映像取得 ネットワークカメラ 常時録画 ネットワークカメラ google home ネットワークカメラ poe ネットワークカメラ 防犯 ネットワークカメラ 必要性 ネットワークカメラ mipc ネットワークカメラ ポート番号 zoneminder ネットワークカメラ 絶対に買ってはいけない ネットワークカメラ ネットワークカメラ 最新 ネットワークカメラ 日立 ネットワークカメラ diy ネットワークカメラ ユニキャスト